猫のシステムトイレは便利?メリットやデメリットを紹介

猫と暮らしていると、1度はシステムトイレという言葉を耳にしますよね。

最近はかなりポピュラーになってきたシステムトイレですが、メリット・デメリットはどんなものでしょうか?

今回は、猫のシステムトイレの特徴とメリット・デメリット、使用する時の注意点を解説します。

 

 
ねこやま
システムトイレが気になっている方、必見ニャ!
 

猫のシステムトイレとは

一般的なトイレとは違い、二重構造になっているのがシステムトイレの特徴です。

上段には砂、下段にはシートを入れられるようになっていて、うんちは上段の砂に残り、おしっこは下段に流れてシートが吸収するという仕組みです。

おしっこを吸収するシートは週に1回程度が交換の目安で、砂はうんちで汚れた部分だけを取り替えればOKです。

 

システムトイレの種類

システムトイレには「オープンタイプドームタイプハーフドームタイプ」の3種類があります。

オープンタイプはトイレに蓋がついていないタイプです。一般的なトイレと形状が似ているため、システムトイレを使うのが初めての猫もすんなり移行できるでしょう。

また、蓋がついていないものはドームタイプといわれる種類です。かまくらのような形状をしており、入り口以外は覆われているので臭いが漏れにくいという特徴があります。

ハーフドームタイプは、オープンタイプとドームタイプが合わさったもの。オープンタイプとドームタイプの良いところ取りができるタイプで、最近人気が出てきています。

 

 
ねこやま

猫のシステムトイレは形状によって扱いやすさも変わってくるので、それぞれの特徴を理解しておくことが大切ニャ。

 

システムトイレを使うメリット4つ

①普段のお手入れが楽になる

飼い主さんにとって、普段のお手入れが楽になるというのは大きなメリットですよね。

猫のシステムトイレは専用のシートがおしっこを吸収してくれるので、毎日お掃除をする必要はありません。時々シートや砂を交換するだけで済むのでかなり楽です。

うんちに関しては定期的に捨てる必要がありますが、楽に掃除できるように工夫されていますし、スコップで取り除くだけなので楽ちんです。

 

②消臭効果抜群で嫌な臭いも気にならない

システムトイレは一般的なトイレよりも消臭効果に優れています。

猫のうんちやおしっこの臭いが部屋に充満してしまうと、完全に臭いを消すにはけっこう大変ですよね。

その点、システムトイレに使われる砂やシートには、脱臭効果や抗菌効果が高い素材が使われており、気になる排泄物の臭いを最小限に抑えてくれますよ。

 

③床が汚れにくい

一般的なトイレは仕切りが低いものが多いので、砂が外に飛び散ってしまうことも多いです。

しかし、システムトイレは仕切りが高くなっているものや、ドーム状になっているものが多く、通常のトイレ(オープンタイプ)よりも砂が飛び散りにくい傾向にあります。

猫がトイレを使う度に砂が飛び散り、床が汚れてしまうことも少なくなるので、衛生的にも安心です。

 

④健康状態を把握しやすい

システムトイレに使われている砂は、おしっこが固まらないタイプのものです。

うんちもそのままの状態で残るので、排泄物から猫の健康状態を把握しやすいというのも大きなメリット。

シートを交換する時に「おしっこに血が混じっている」などの異常に気付くことができるのは、システムトイレならではといえるでしょう。

 

システムトイレのデメリット3つ

①コストがかかる

猫のシステムトイレは専用のシートや砂を使用します。

交換頻度は高くないですが、純正品は値段が高いので、続けて使用するとそれなりにランニングコストがかかります。

商品によってシートや砂の値段は変わるので、本体はトータルのコストを考えながら選びましょう。

 

②猫が嫌がる可能性がある

システムトイレ用の粒は大きいので、普通のトイレに慣れている猫はシステムトイレを嫌がることがあります。

神経質な猫の場合、切り替え後なかなかシステムトイレを使ってくれず、上手く移行できないケースも出てくるでしょう。

その場合は小さな粒の砂をシステムトイレに混ぜて、少しずつ慣れさせるなどの工夫が必要です。

 

③あまり選択肢が多くない

一般的なトイレに比べると、システムトイレの種類はそれほど多くありません。

砂の粒の大きさや素材の種類、トイレの形状など、種類が豊富な一般的なトイレに比べると、猫の好みに合わせて商品を選びにくくなるのはデメリットです。

どんなトイレでも使ってくれる猫なら良いですが、警戒心が強かったり、少し神経質な気がある猫は要注意です。

 

システムトイレを使用する時の注意点

専用のシートや砂が必要になる

システムトイレを使用する時にまず注意したいのが、専用のシートや砂が必要になることです。

純正品は高いので他社の商品を使う人もいますが、純正品以外だと思ったような効果が得られない場合もあります。

価格だけではなく消臭効果や形状など、色々なポイントを見て猫に合った砂やシートを選ぶようにしましょう。

 

猫のサイズに合わせて選ぶことが大切

システムトイレは、猫のサイズに合わせて選ぶ必要があります。

大型の猫が小さいシステムトイレを使うとストレスが溜まり、排泄を我慢することもあるので要注意!

 

 
ねこやま
目安としては猫の1.5倍程度のサイズのトイレを選ぶこと。

 

成長すると身体が大きくなるので、窮屈そうに感じたらトイレも買い替えてあげてくださいね。

できるだけゆったりしたサイズのトイレを選んであげれば、猫もストレスなくトイレできるようになりますよ。

 

まとめ

システムトイレには、健康管理や日々のお手入れが楽になるというメリットがあります。

ただ、普通のトイレよりも使用できる猫砂が限られるので、猫によっては嫌がって使ってくれないことも。

システムトイレに切り替えるときは、猫のペースに合わせてゆっくり慎重に行うようにしましょう。

愛猫の排泄管理、ちゃんとできてる?
猫の宿敵といえば、腎臓病や膀胱炎、尿管結石などの泌尿器疾患。
日々の排泄状況を把握しておくことで、愛猫の異変にいち早く気付くことができます。
1日35円のサブスクを活用して、もの言わぬ家族のSOSに誰よりも早く気付いてあげましょう。

 
 
最新情報をチェックしよう!