全自動猫トイレってなに?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

全自動猫トイレの導入を迷っていませんか?

この記事では、以下の3点に焦点を絞って解説していきます。

  • 全自動猫トイレの特徴を知りたい
  • 全自動猫トイレのメリット・デメリットを知りたい
  • 全自動猫トイレはどんな人におすすめなのか?
 
全自動猫トイレに興味はあるけど、よく知らないなぁ。
そんな方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

全自動猫トイレとは

全自動猫トイレとは、猫の排泄物を自動で掃除してくれるペット家電です。

猫がトイレへ出入りしたことをセンサーで感知し、一定時間後に掃除してくれるので、そのつど操作する必要はありません。

仕事中など、飼い主さんが留守の間も常に清潔なトイレを維持でき、気になるニオイも防いでくれます。

 
最近は忙しい人が多いから、一気に人気が出てきてるにゃよ。

全自動猫トイレのメリット

トイレ掃除の手間が激減する

全自動猫トイレを導入すれば、日々のトイレ掃除がなくなり、自由な時間が増えます。

回収された排泄物はダストボックスに溜まるので、ゴミの日など、数日に1回チェックして捨てればOK。

商品によってはお掃除ランプでお知らせしてくれるものもあるので、とにかく楽ちんです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

天音 結里愛(@yuria.amane)がシェアした投稿

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ms10(@m0s2t1.5)がシェアした投稿

 
特に多頭飼いのおうちは、毎日のトイレ掃除から解放された!っていう嬉しい声が多いにゃ。

気になる排泄物臭から解放される

猫がトイレを使用する度に掃除してくれる = 部屋に排泄物臭が広がらないということ。

常にキレイな状態が保たれているので、帰宅した際に「ウッ!クサ!」と思うことがなくなります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

のん(@nobue.ina)がシェアした投稿

 
部屋のいたるところに消臭剤を置く生活からはオサラバにゃ~。

猫の体調管理ができる

商品によっては、体重で個体を識別したり、使用回数をカウントすることができます。

アプリをダウンロードすれば、トイレに入っていた時間などもグラフ化してくれるので、視覚的に愛猫の体調をチェックできるというメリットも。

猫は泌尿器系のトラブルが多い(特にオス猫!)ので、健康状態をひとめで確認できるのは嬉しいですね。

近未来的な見た目がオシャレ

全自動猫トイレは近未来的な見た目なので、インテリアとしても有能です。

デザインは商品によって異なりますが、基本的にドーム型のものが多く、設置時の存在感はバツグン。

高いだけある豪華な見た目なので、訪れた人の目を引くこと間違いなしですね。

最近では北欧系のインテリアを好む人が多いので、シンプルなデザインの全自動猫トイレも販売されています。
 

全自動猫トイレのデメリット

値段が高い

全自動猫トイレは家電なので、それなりの値段がします。

商品によって幅はありますが、性能がよいものは5~10万円くらいするのが基本。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

princess of curry(@princess_of_curry)がシェアした投稿

 
全自動猫トイレがもっとポピュラーになったら、日本製の安価なタイプも出てくるのかにゃ…

設置にはスペースが必要

普通の猫トイレに比べて、全自動猫トイレは広い設置スペースが必要です。

比較的小さいサイズのものでも「幅60cm×奥行き60cm×高さ60cm」くらいはするので、設置予定の場所はあらかじめ計測しておきましょう。

多頭飼いの場合、ある程度大きめサイズでないとダストボックスがいっぱいになってしまうので、大型商品がおすすめです。

基本は鉱物系の猫砂しか使えない

全自動猫トイレは、基本的に鉱物系の猫砂(固まるタイプ)のみ使用できます。

鉱物系であればなんでもいいというわけではありません。製品の汚れや猫砂の無駄を省くには、できれば小粒タイプで粉塵が少ないものを使用するのがベスト。

紙系や木系の猫砂は使用できなくなるので、全自動猫トイレへ切り替える際は、今までの猫砂を使い切っておきましょう。

最近では、おからの猫砂を使用できる商品もあります。

音が気になるものも

排泄物を回収する際、商品によってはウィーンという作動音が気になることもあります。

日中であれば気にならない音も、寝ている時や体調が悪い時はやけに気になってしまう…ということ、ありますよね。

最近は作動音が静かな商品も多く販売されているので、購入時は静音性も考慮して選びましょう。

 

▼こちらもチェック!

関連記事

  全自動猫トイレ、気になるけど本当に必要なのかな? 全自動猫トイレは高価なので、導入すべきか迷ってしまいますよね。 使ってみると手放せなくなるといわれる全自動猫トイレですが、なかには「いらないかも」と思うケースも[…]

こんな人は全自動猫トイレがおすすめ

全自動猫トイレは、猫と暮らしている方全員におすすめできるペット家電です。

特におすすめしたいのは、毎日のトイレ掃除が手間に感じている人や、排泄臭を何とかしたい!と思っている人。

生活レベルが格段に上がるので、思い切って導入して良かった!と感じられるはずですよ。

多頭飼いの人は特にメリットが多い

猫の健康やストレスを考えた時、最適なトイレ数は「猫の数+1」です。

猫の数が増えるほどトイレの設置数も必要ですが、そのぶん場所を取るし、インテリア的に微妙ですよね。

その点、全自動猫トイレは常に清潔な状態をキープできるので、全自動猫トイレが1台あれば、他のトイレは必要なし。

「猫の数+1」のトイレを用意しなくて済むので、猫砂にかかるコストもだいぶ少なくなりますよ。

 
トイレ自体は高いけど、長い目でみればコスパがいいんだにゃ…!

サポートやメンテナンス体制が充実している商品を選ぼう

全自動猫トイレはそれなりの値段がするので、できれば長く使いたいもの。

初めて全自動猫トイレを購入する時は、サービスやメンテナンス体制が充実した商品を選んでおくと、いざという時に慌てなくて済みます。

家電である以上いつかは壊れたり、思わぬトラブルが起きることもあるので、親切なメーカーを選んでくださいね。

まとめ

どんなものでもそうですが、全自動猫トイレにもメリット・デメリットがあります。

初期費用がかかったり、使える猫砂の種類が限られていたりなど、色々と導入を迷うポイントもあるので、なかなか踏ん切りがつかず悩んでしまいますよね。

ただ、全自動猫トイレにはそんなデメリットを吹き飛ばすほどのメリットもたくさんあります。

 

 
今回紹介した内容を参考に、改めて導入すべきか検討してみてにゃ。

 

 

愛猫の排泄管理、ちゃんとできてる?
猫の宿敵といえば、腎臓病や膀胱炎、尿管結石などの泌尿器疾患。
日々の排泄状況を把握しておくことで、愛猫の異変にいち早く気付くことができます。
1日35円のサブスクを活用して、もの言わぬ家族のSOSに誰よりも早く気付いてあげましょう。

 
 
最新情報をチェックしよう!